/テニスボールHEAD(ヘッド)HEAD ATP 4球入り1箱(18缶/72球) 570674 テニスボール 驚きの破格値,格安 ——10,600円





ご注文の前に必ずお読みください

店頭受取

商品説明

新品同様の状態がより長続きするボール。 HEAD 硬式試合球のフラッグシップモデル。新たにエンコア・テクノロジーを採用して耐久性をさらにアップ。スマート・オプティック・フェルトがボールの視認性を高めます。 ATP 、 AMS 、 TMC の公式ボール。

テニスボールのゴム性能

コート上では、思いきり打たれたり、スピンをかけらりたりと、酷使されるテニスボール。実は、使用環境によって、その性能が大きく左右されるデリケートなものなのです。

使用する時間帯によって、リバウンドが変わる

ITF(国際テニス連盟)では、公認球の条件として254cmの高さからコンクリートの床に落下させたときに、134.62~147.32cmの高さで弾まなければならない、としています。ただし、これは気温20℃、湿度60%、1気圧という条件のもとでの規格。ハードコートでは弾み、芝では弾まないなど、サーフェスによってバウンドの高さが変るのはもちろんですが、同じ種類のコートでも、プレイする気温によって弾みが大きく変ってきます。
冬場のアウトコートでのプレイや、冷え込んだ夜に車のトランクに入れっぱなしだったボールを翌朝使用すると、ボールが飛ばない、弾まない、といった現象が生じます。
一般的なボールのデータを計測すると、20℃で144cm弾んだものが、気温0℃の場合は105cmとなり、およそ40cmもの差が生じます。これは、ボールの中心部(コア)がゴムでできているために起こる現象で、特に0℃になると弾みの数値が大きく落ち込みます。
プレイするときは、適正なバウンドを得るために、できるだけ10~30℃で保管されたボールを使うようにしましょう。

磨り減ったボールは、上達の妨げになる

開缶されたボールは、打つたびに"ヘタって"いきます。この"ヘタリ"は、打撃のショックで、コアのゴムの中に混入されている化学薬品と、ゴム自体の結合部分が剥離し、スウィングのエネルギーが上手く伝わらなくなるために起こる現象です。
ただし、この"ヘタリ"より早くダメージを受けるのはボールの表面を覆うフェルトで、メルトンと呼ばれる部分。このメルトンは、気流を調整し、飛行を安定させる役割を持っていて、磨り減ってしまうとボールがブレて飛んだり、スピンがかからず、コントロールできないために、ただスウィングした方向に飛んで行ってしまいます。
メルトン自体は、綿を縦糸に、ウールとナイロンを横糸にして編みこんだ織物を、主に横糸を中心に起毛し、ローラーをかけてしごき、キューティクルを持つウールとナイロンを絡み合わせて作られています。編み込みの段階で、ウールを多くすればソフトになりますが、強度がないので磨耗が早くなり、ナイロンを多くすると強度は高くなりますが、ソフト感が無くなってしまいます。
人工芝ではケバ立たず、ハードコートでは磨耗を少なくするために、その混合比率がうまく調整されています。生地の編目が判るような、磨耗したボールを使っていると、誤ったスウィングを習得してしまう恐れがありますので、注意しましょう。